ミュゼのアイライン脱毛ってどこまでやるの?粘膜すれすれまで処理できる?

ミュゼのアイライン脱毛ってどこまでやるの?粘膜すれすれまで処理できる?

ミュゼのアイライン脱毛ってどこまでやるの?粘膜すれすれまで処理できる?

 

デリケートゾーンのハイジニーナ脱毛には、VIOゾーンがありますが、Vゾーンと肛門付近のOゾーンは全て脱毛する女性が多いですが、Iゾーンは全て脱毛すると恥ずかしいので残す女性もいます。
ミュゼのアイライン脱毛は、粘膜まではできませんが、粘膜すれすれまでは処理できます。
女性によっては粘膜の内側にもムダ毛が生える場合がありますが、衛生面の理由から粘膜の内側の処理はできません。
最近では、生理中に蒸れないためや、経血などのオリモノが絡まないようにアイラインのムダ毛を全部処理する女性も増えてます。
だけど、全部処理してしまうと、温泉や銭湯に入る時に丸見えになったり、前から見ると下着の外から割れ目がまる見えになって、恥ずかしいのでナチュラルな形でムダ毛を残す女性もいます。
ミュゼではカウンセリングの時に要望すると、アイラインのムダ毛を色々な形に調整してくれます。
例えば、逆三角形の形や、女性らしい丸みを帯びた楕円形や、ラブラブアピールできるハート形などどんな形にも調整できます。
ミュゼのハイジニーナ7美容脱毛コースでは、一番仕上がりの綺麗な方法として、まず初めにカウンセリングで、作りたい形をしっかり決めます。
次に、全てのムダ毛を脱毛してから、数回のお手入れを繰り返し、毛質を細く柔らかく変えてから、形を作っていきます。
この方法で形を作ると、毛の量も減らせ、範囲が小さい形でもキレイでナチュラルな仕上がりにする事ができます。