VIO脱毛 内側

内側の粘膜すれすれまでやりたい・・・

VIO脱毛 内側

VIO脱毛は、今や多くの女性の関心を集める、ムダ毛お手入れのゾーンとなってきました。
水着や下着も、ムダ毛を気にしないで着こなすためには、VIO脱毛は欠かせなくなってきています。
特にIラインは、粘膜が違い部分だけあって、脱毛の照射にも痛みが強くなります。
それでもできるだけ粘膜の内側に近いゾーンまで、キレイに処理したいと希望するケースもあります。

 

Iラインにおける、粘膜の内側までの脱毛を、あまり行っていないサロンやクリニックが多いのには、それなりの理由があります。
VIO脱毛の中でも、Iラインの内側は粘膜になるため、とてもデリケートです。色素沈着しているため、ヤケドにもなりやすいので、お断りのところが多いわけです。
それでも、できるだけIラインの粘膜ギリギリまで脱毛したいのであれば、基本的にエステサロンでの、光脱毛ではできないことを理解しておきましょう。
エステサロンでのマシンではできないのと、医療機関ではないため、何かあっても責任が取れません。
そこで利用するのが、利用期間での脱毛です。
色素沈着した、部分的にもデリケートなゾーンの、対応をしてくれるクリニックは、探してみるとあるものです。
全てではありませんが、中には対応の医療機関があります。
希望するゾーンの、粘膜ギリギリまで施術に対応してくれるクリニックがあるので、探してみることです。
医療機関であることと、使用している脱毛マシンにも、その秘訣があるのです。

 

>>ミュゼ旭川でVIO脱毛するならこちらから